浜口京子さんの母や兄弟、家族構成は?彼氏がいない歴は?結婚できないのには理由が?

Pocket

今回ご紹介させていただくのは

日本を代表…いや世界的に活躍された方で

可愛らしい素顔と天然キャラがギャップ萌え。

今はタレントとして大活躍

オリンピック女子レスリング日本代表

そして銅メダリストでもある

浜口京子さんです。

スポンサードリンク

プロフィール

名前*浜口 京子(はまぐち きょうこ)

生年月日*1978/1/11(40)

えっといつの間にかもう40代に突入されたんですね?

ずっと雰囲気は20後半って感じでした…

見た目は可愛らしい方なので

全然年齢を感じさせないですよね?

血液型*A型

出身地*東京都

浜口京子さん幼い頃は

競泳選手になりたかったそう。

全然違う競技でビックリw

浜口京子さんは泳ぐことが好きで

幼稚園の頃から水泳を習っていて

小学時代も変わらず水泳一本だったそう。

しかし、そんななか浜口京子さんは父親であるアニマル浜口さんが

プロレスラーだったこともあり、強い憧れを抱いていて

自分もプロレスラーになりたいと密かに思ってそうです。

初めは競泳選手になって日本代表に選ばれたらなあ

と漠然考えていて

中学は競泳選手のコースに進むことで推薦入学されたそう。

水泳でもそれなりの技術があったからの推薦でしょうね?

泳ぎに自信のある人ばかりが集まる学校で、

浜口京子さんは自分の実力に愕然としてしまったそうです。

自分が想像していたものよりもずっとレベルが高く

選手として活躍することはできなかったよう。

毎日の練習は厳しく、どんなに頑張っても

自分が活躍できるところはなく

次第に「つらい、やめよう…」という思いが募っていったそうです。

両親からとても心配されていたとのこと…

浜口京子さんが満足いく競技生活を送れてはいないということを

口に出さなくても父親・アニマル浜口さんはわかっていたから

それがきっかけで、将来ついて話し合うことになったそうです。

それは何時間もかけて

本当の夢・プロレスラーになりたいという思いを恥ずかしくて打ち明けられず

なかなか前に話が進まなかったそう。

しかし、最後の最後に勇気をふりしぼり「プロレスラーになりたい」と伝えたそう。

それを聞いて、父親・アニマル浜口さんは下を向いて

「プロレスラーは大変だぞ。本当に大変なんだぞ」

と大事な娘を思う気持ちを言葉にしたそう。

それでも浜口京子さんの意思は固く「やる!」と決意を込めて伝え、

そこから父親・アニマル浜口さんが経営する

トレーニングジムで体づくりをしなければダメだと、

筋力トレーニングをするよう話されたそう。

当時13歳…父親としても複雑な思いがあったんでしょうかね?

しかしながら、やると言ったからには全力でサポートをする

きっとそんな気持ちで浜口京子さんと向き合っていたと思います。

一心不乱に筋力トレーニングをしていた時に

浜口京子さんはいきなりボディービルの大会に出場することになったそう。

父親・アニマル浜口さんが参加申し込みを勝手にしていたそうを…

”お父さん!何してるの?”って感じがしますが

トレーニングの底上げのためだったのか…?

驚きつつもやるしかないと、

泣きながらトレーニングに明け暮れていたよう

大会出場するには減量が必要で

成長期かつまだ中学生…

色んなものを食べたい時期だったでしょうが

我慢、そしてトレーニングと苦しい日々だったそう。

大会では、もちろん予選落ち

初めて数ヶ月で賞を取るなんてそんな簡単なものではありません。

しかし「史上最年少の参加」ということで、奨励賞を受賞されたそう。


大きなトロフィーを手にして

たくさんの観客に拍手をしてもらえ

その時、生きてきた中で一番うれしい瞬間だったそう。

そして「やればできるんだ」という自信になったそう。

トレーニングを続ける中で

母親が「プロレスラーになりたいのなら、

レスリングの基礎(きそ)を学んだ方がいいのではないか」

と助言され、アマチュアレスリングのクラブに入門。

これがレスリングとの出会いだったんですね?

そして何より何事も素直に両親の言葉を聞く子だったんですね?

私のその年はわがまま言いたい放題でしたけどね〜

反抗期ってやつですかね?w

しかし、浜口京子さんは”強くなりたい”という一心で、

必死に技術を身につけていき

いつの間にか日本代表に選ばれるほどに…。

17歳のときには、初の世界選手権に

出場したが1勝もできなかったそう。

ここであるこ決心を浜口京子さんはしました。

それは、「プロレスラーの夢もあるけれど、

今は、レスリングの道でしっかりがんばろう」

という強い決意、そして高校中退。

たくさん悩んだが学校の時間をレスリングの時間にあてたい。

レスリングにもっと集中しないといけないと感じていたそうです。

高校生ってまだ18歳前後ですよね?

プロ意識すげ〜。

その決断に両親は反対しなかったそう。

両親もその決断の重みや覚悟をわかっていたからでしょうね?

”世界”が浜口京子さんの視野に入るまでの日々は

ひたすら泣くばかりだったそう。

浜口京子さん自身控えめな性格だったからか

自分から何かをやるという積極性があまりなく、

父親・アニマル浜口さんにいつも起こされていたそう。

そんな自分を分かっているからこそ

変われない自分が歯がゆく

そしてどうしたらいいのかともがき

苦しく、辛い日々でその頃は泣くしかできなかったようです。

しかし全日本選手権で優勝果たして世界チャンピオンになった頃、

当時19歳ごろの浜口京子さんの中に自信が生まれ、

またその自覚が芽生えていくことで

自然と泣くこともなくなり、より集中して取り組むことででき

試合に勝って、負けてと肉体的のみではなく

精神的にも強くなっていったそう。

パワフルな父を持つが母や兄弟は?

世界的に活躍される浜口京子さんを

ここまで育てた家族はどんな方達なんでしょうか?

まあパワフルな父親に関してはみなさん

一度は見たことがあるから知っているかと思いますがw

父親であるアニマル浜口さん。

スポンサードリンク

めちゃいい笑顔w

本名は浜口 平吾さんだそうで

元々ボディービルをされていたそうで

そこからプロレスラーに転向なされたそう。

だから、色々な練習方法を知っていたんですね?

かなり極められてますな〜。

プロレスを引退することとなってから

自身のレスリング道場を開設され

経験者、未経験者とはず指導されていたそう。

ここがあったからこそ

今の浜口京子さんがいるですよね?

そう思うと父親・アニマル浜口さんの存在は

とても大きいものですよね?

親子で試合も出られていたし

TV番組にも一緒で

浜口京子さんと同じくらい有名人。

指導者っていうより今はタレント感が強いw

本当にすごい人なんですけどね♫

母親は浜口 初枝さん。

あまり詳細は調べても出てこなかったんですが

まず、レスリングを始めるきっかけを作った母親ですから

スポーツマンの家族として

肝が座っているというか

父親・アニマル浜口さんと同じくらいの熱量で

浜口京子さんを支え、応援していたのは間違えないですよね?

あと、夫であるアニマル浜口さんに

唯一物申すことが出来る存在みたいでw

裏番長的な存在なんですかね?w

浜口京子さんが尊敬する相手は

「両親」と話されていました。

ここまで産み育ててくれたことに感謝だと

そして選手としてもここまで自分が頑張れたのは

両親の支えがあったからこそだと…。

実は、浜口京子さん

ご兄弟がいて、兄弟ともにレスリングに打ち込んでいたそう!

弟で濱口剛史さん。

姉の浜口京子さんは可愛らしい顔立ちですが

弟の浜口剛史さんはカッコいい顔立ちですね?

それぞれが母親似と父親似なんでしょうね。

弟・浜口剛史さんもレスリング選手として

全国大会で活躍されていた方です。

高校時代はバレーボール部で

春高バレーにも出場されたそう。

基本的に家族みんな運動神経いいんですねww

なんでも出来ちゃうもんw

のちに、父親・アニマル浜口さんに弟子入りして

レスリングの道へ

現在は実家のレスリング道場の

道場長を務められているようです!

彼氏がいない歴は…?

レスリング中のたくましい姿とは裏腹に

可愛いらしい浜口京子さん。

今は引退されタレントとして活動されていて

その浜口京子さんを見ると

かなりギャップを感じる方も多いかと思います。

服装は可愛らしスカートタイプが多く

メイクもちゃんとされていて

料理なども得意で女子力高い方!

こんなに可愛らしい方なら

彼氏がいてもおかしくないと思いますよね?

しかし、彼氏は現在いないようで

過去にも彼氏がいなかったのではという噂。

つまり、彼氏いない歴=年齢

何かで使われるようなフレーズでありますが

実際、一般の方でもこういう方いるので

別におかしなことはないんですけどね?

それに幼い頃からスポーツに打ち込まれていた浜口京子さん。

あの熱血指導の元にいたら

恋愛なんてしている時間はなかっただろうし

そんなことを考える暇すらなかったかもしれませんよね?

結婚できないのには理由があった?

見えませんがもう40歳の浜口京子さん

引退してもう恋愛解禁になって…幸せな…

ん?引退…?

そうなんですよ!

勝手に引退したみたいな空気に私がしただけで

浜口京子さんは引退されたわけではないんですよ!

事実上、試合に出ていないので

引退のような扱いになってはいますが…。

実際に引退の報道はないですし

浜口京子さん自身も

「私の人生の中でレスリングを取ったら、

生きていけないと思う。

おばあちゃんになってもレスリングのマットでタックルとかしてたら、

それこそ最高の人生だと思います。生涯現役でありたいです。」

と現役続行の意思を話されています。

ということで浮き立った話が出ないのは

まだ、オリンピックに向けて

練習されているからではないか…

実際にまだトレーニングをされている

なんて話もでていたそうで

父親・アニマル浜口さんは2020年のオリンピックを

目指して欲しいという思いがあるから

まだ結婚や恋愛ができない理由なのかもしれませんね?

一方で母親である浜口初枝さんは

「ウブだね〜」

「ウブ過ぎるからもっと積極的になったほうがいいよ」

と恋愛をもっとして欲しいという思いがあるそう。

浜口京子さんも母親からの思いも受け

「女性としての誰かを好きなってとか、

そういうような楽しむこともしていきたいと思います。」

と縁があれば恋愛もしていきたいとは考えているよう。

正反対とも言える両親の思いに

今後どのように関わっていくのか…

浜口京子さんも大変だな。

しかし、オリンピック出場

もしくは熱愛発覚

どちらにせよ応援したいものですね♫

ということで今回ご紹介させていただいたのは

女子レスリング選手・浜口京子さんでした。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください