ジェジュンさん本当は東方神起に戻りたい?多くのタトゥー、その意味は?彼女は京都の日本人?

Pocket

今回ご紹介させていただくのは

以前『東方神起』として活動されていて

現在はJYJとして活動、TV番組にも最近多く出演されている

ジェジュンさん。

スポンサードリンク

プロフィール

名前:ジェジュン

本名:キム・ジェジュン

国籍:韓国

生年月日:1986年1月26日

星座:水瓶座

血液型:O型

身長:180cm

体重:63kg

2001年にあったSMエンターテイメントが主催したオーディション

「第2回SMベスト選抜大会」で入賞したことがきっかけで練習生となったそう。

練習生時代は単身ソウルに上京してきた自らの生活費等を稼ぐために、

練習以外はアルバイトに明け暮れていたよう。

本人は後に「やったことがないバイトがない」などと語るほど、

新聞配達や工事現場、飲食店など様々なところで朝から深夜まで必死に働いていたそう。

かなり苦労されてのデビューのようですが

生い立ちにも複雑な部分が多くあり

キム・ジェジュンさんは4歳の頃に養子に出されていて

8人 姉妹のいる家庭に末っ子長男として引き取られて育ったキム・ジェジュンさん。

歳の離れた姉たちと共に育ったことで人への気遣いや思いやりが強く芽生えたそう。

一番上の姉はチャンミンの母親と同い年だそうで、とても歳の離れた大家族。

いつも身に着けている金の指輪は母親からもらったものだそう。

実の母親とも再会を果たしており

「産んでくれてありがとう」と伝えたそう。

生みの親にも育ての親にも親孝行がしたいと

キム・ジェジュンさんは語られているそう。

あまり話さずクールに見えるが、

一度話し始めるとユニークで天然な部分も持ち合わせていることから、

非常に愛嬌がある性格だと思われます。

以前番組で共演したことのある関根勤さんは

「クリームチーズケーキ」だと例えた。

関根勤さん曰く、一見高級感があり近寄りがたいが

実は甘く魅力的であるという意味で例えられているそう。

本当は東方神起に戻りたいと思っている?

まず、2004年に東方神起としてデビュー

日本デビューは翌年なんですが

このこと覚えている方います?

現在では2人で活動されていますし

今から14年前とか忘れていてもおかしくないですけど

そうなんですよ、元々は東方神起にいて人気グループでした。

紅白歌合戦に出場・日本レコード大賞受賞など

その人気はあっという間に広がりました。

懐かしいですなあ

なんか韓流ブームの先駆けってイメージです。

そんな大人気の中で

キム・ジェジュンさん含む3人が

所属事務所に対して控訴を起こされるんです。

”契約期間が長い・給料が安い”などが理由にされたはいます。

これをきっかけに2010年にメンバーの離脱があり、活動全面停止となるんです。

そして翌年から残りの2人が東方神起として、

離脱した3人がJYJとして活動することになるんですね…

メンバーはとても仲が良かったそうで

そんな中の別々の道を進むことになり

ファンたちも悲しみを隠せなかったですよね。

決して東方神起を嫌って起こした行動ではなかったですし

それが伝わってくる出来事があり

キム・ジェジュンさん自身が

インスタグラムライブで自宅紹介をされたことがあったそう。

そのとき手にとって見せたのが

東方神起のCDだったそうで

「本当の思い出。思い出がそっくりそのまま家に全てあります。」

と思い積もらせる言葉が出たそう。

さらに、現在の東方神起のCDも

キム・ジェジュンさんは持っているようです。

東方神起への愛情

仲間への愛情なのでしょうか。

さらに

「ユノとチャンミンに会いたい。」

など時折SNSなどで呟くことがあったそう。

5人で活動していた頃は

キム・ジェジュンさんがお母さん的な存在だったそうで

離れていても気にかけているんでしょうね。

離れ離れになったことを悔やんでいるようにも感じられます。

できることならまた5人に戻りたいときっと思っているんでしょうね。

身体に多くのタトゥーがある、その意味は?

タトゥーが多く彫られていることで有名でもある

キム・ジェジュンさん

スポンサードリンク

身体のあちらこちらに

かっこいいですなあ

全部がタトゥーの訳ではないようで

ボディーアートもあるそうです。

元々タトゥーを入れたきっかけは

東方神起としてデビューしてすぐ

韓国でリリースされている『Hi Ya Ya夏の日』の

MV撮影でリゾート地でもあるボラボラ島に行かれたそう。

そのボラボラ島でキム・ジェジュンさんはメンバーのユチョンさんと

一緒に初めてタトゥーを入れられたようで

ギリシャ神話に出てくる

芸術や学問など、幅広い文芸分野を支配する女神・ムーサを

(ムーサ以外にも様々な呼び名がある)

モチーフにしたタトゥーを彫られたよう。

(キム・ジェジュンさんは骨盤辺りに彫られているみたいです)

事務所にだーいぶ怒られたそうですwww

しかし、そんなことはお構いなく

ラスベガスに行かれた際に

先ほどの背中の写真に写っていて

背部の肩甲骨周りにバッチリw

タトゥーはファッションの一貫として

使われる方もいますが

自分の信念や夢、覚悟など

強い思いを刻み込むという方もいます。

キム・ジェジュンさんはどんな意味を

刻んでいるのでしょうか…。

中央・上部にあるのは

『TVfXQ SOUL』

→『東方神起 魂』

中央・下部にあるのは

『Hope to the end』

→『死ぬまで望む』

両サイドの音符のマークは

左右別々の文字によって出来ていて

左側は

『The pleasures of the mighty are the tears of the poor』

→『強者の快楽は弱者の涙』

右側は

『A song will outlive sermons in the memory』

→『いい歌はいい教えより記憶の中に残る』

みんなのためにいい歌を、東方神起として死ぬまで歌いたい

そんな思いが込められているのでしょうか

また、2009年控訴によって事務所との

関係が悪くなっていた時期

再度、ユチョンさんと共に

韓国新沙駅のタトゥースタジオで

タトゥーを入れられたそう。

『Always keep the faith』

→『いつも信念を貫け』

キム・ジェジュンさん含む、東方神起を離脱された3人は

この言葉を同じくタトゥーとしてやネックレスに刻んでいるそう。

 

他にも

自身の誕生日・養子として引き取られ出生届が

出された日の数字が刻まれていたり

JYJメンバーの名前であったり

多くのタトゥーが刻まれていて

必ず何か自分の中で

守るもの・大切なもの、覚悟・胸に秘めている思いを刻み込んでいることがわかります…。

 

ただ一つ思えるのは

キム・ジェジュンさんは

東方神起が…とか

JYJだから…とかではなく

何にも変えられない

仲間を今でも強く

大切に思っているということ。

彼女は京都にいる日本人?

そんな優しくも男気溢れるキム・ジェジュンさんですが

女性ファンも当然ながら多い

なんなら男のファンも多そう

こんな仲間思いとかかっこよすぎですもん。

で、過去に噂になっていたのは

『ジェイン』という韓国人の方で

お揃いのアクセサリーをされていたとか…

右手の指輪がお揃いなのではという噂でした。

でもこの報道などに対しても

「彼女はいません」と答えていたそうで…

どうなんでしょうかw

インスタの写真も削除されたいたりと

バタバタしている感じでしたが。

そこから今噂になっているのは

彼女との京都デート。

おしゃれなデートですよね

チョイスが京都…いい!

キム・ジェジュンさんがWeibo(SNSみたい)で

投稿していた写真と

全く同じものを彼女?と思われる女性が

ツイッテーで投稿していて

これは日本人との交際疑惑もありですね?w

実際のところはどうなのかわかりませんが

何はともあれ、ちゃんと幸せを掴んでいただきたい!!!

ただそれだけw

 

ということで今回ご紹介させていただいたのは

JYJで活動されているキム・ジェジュンさんでした。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください