ギャル曽根の料理レシピが話題に?旦那は?こどもは?

Pocket

今回はギャル曽根さんのご紹介です。

ギャル曽根さんといえば、大食いタレントとして有名ですね!

当時は大食いタレントはなかなか売れてないイメージでしたが、

ギャル曽根さんの食いっぷりやすごい量を食べても全然太らない身体など、

注目を集めてテレビ出演が増え、

スポンサードリンク

大食いタレントの先駆けとなったことでも有名です。

まさにミス・大食いタレント!言い過ぎではないと思います。

 

さて、そんなギャル曽根さんの経歴をまとめながら、

一つずつ紹介していきたいと思います^^

 

1985年12月4日生まれ

 

京都府舞鶴市出身

 

O型

 

身長162cm

 

体重45kg

 

ワタナベエンターテインメント所属

 

 

ギャル曽根さんは幼少の頃から、京都府に住んでいた。

父親が地元の企業の社長で、

家族5人で豪邸に住みとても裕福な家庭に育っている。

しかし、小学校3年生の時に父親の会社は事業に失敗し、

莫大な借金を背負った。

それ以来、父親は家を出ていってしまい、

母親と姉と弟の4人暮らしである。

4人での生活は貧しく、

裕福な生活からなので余計に辛かったそう。

しかし、母親はめげずに食事の量だけは絶対に減らさなかったそうです。

 

もともと、家族みんな大食い家系で、

母親の料理は普段からかなり量が多かったのだとか。

 

ギャル曽根さんが高校3年間を通して付き合っていた彼氏を度々、

家に招待し食事を一緒にする事が多かったのですが、

母親は「男の子だから沢山食べるでしょう!」

とハンバーグを合計で7枚焼いてもてなすなど、

ギャル曽根さんの家庭の食事が異常な量だと言うのがうかがえる。

高校卒業後は、調理の専門学校に進学。

そこで調理の勉強に勤しみ、見事調理師免許を取得したのだ。

しかし、調理の世界で仕事をする事なく、

兵庫県姫路市のキャバクラでホステスをしていた。

 

キャバクラでホステスとして働きながら、

その頃も健在であった大食いを生かし、

大食いテレビ番組に出演しだす。

最初は素人出演だったが、

数々の番組で知名度を上げていき、2006年には、

ワタナベエンターテインメントに所属しタレントとして活躍を始めた。

 

その後も、様々な番組で活躍し、

同じく大食いタレントのジャイアント白田と対決をするなどと、

大食い業界を頻繁に賑わせた。

 

その功績があって、

2007年には流行語大賞に「大食い」が

トップ10に入賞、その受賞者にもなった。

 

このように大食いタレントを代表する人物にまで成り上がったのだ。

スポンサードリンク

 

 

そんなギャル曽根さん、

2011年にはテレビディレクターの名城ラリータさんと結婚。

2012年には男の子を

2016年には女の子を出産し、

子宝にも恵まれ大食いママタレントとして今も活躍されています。

 

さて、ギャル曽根さんの旦那さん、

名城ラリータさんについても少しご紹介します!

 

名城ラリータさんは見た目と名前からの察しの通り、ハーフです。

なぜかインド人と日本人のハーフだとか言われていますが、

実際にはイタリア人と日本人のハーフだそうです。

 

歳はギャル曽根さんより9歳年上で職業はテレビディレクター。

なんんと、「笑っていいとも!」「もしもツアーズ」を

手がけた敏腕ディレクターだそうです!

 

そんな名城ラリータさんは、浮気性。

確かに仕事もできるし、ハーフでかなりのイケメン。

女性にはかなりモテるとのこと。

付き合っていた当初も度々浮気の疑いをかけられていました。

しかしギャル曽根さんは、

浮気対策として毎朝しっかり朝ごはんを食べる習慣を

つけさせるために栄養バランスのとれた朝ごはんを中心に

3食しっかり作ってあげることによって、

彼の胃袋をしっかりキャッチ。

なんと半年で15kg痩せさせることに成功しました!

さすが、調理師免許を持ち、

仕事で数々の食事をしてきた経験をここで生かしてきましたね!

 

 

そして、ついに

「俺にはお前が必要、結婚してください」

と言わしめ、浮気も胃袋を掴み離れないようにして解消。

めでたく結婚に至ったのだ。

 

見事旦那さんの胃袋を掴み、

浮気症を解消させたレシピは本として出版されています。

 

本当にすごいですよね。笑

昔の格言で、男はまず胃袋を掴めと言う言葉がありますが、

まさにその通りですね。

先人の知恵とはバカに出来ません!

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

知られざる幼少期のエピソードや実は大食い家系だった話。

とくに、結婚までの経緯には驚きですよね!

ただ食べるだけでなく、人に美味しいものも食べさせられる、

これこそ真のフードファイターなのではないでしょうか??

 

以上、ギャル曽根さんのご紹介でした^_^

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください